たなろぐ

旅行が趣味の香川県高松市のサラリーマンです。金・土・日に更新予定です。

香川県から行く青春18きっぷの旅:2017年夏:ムーンライトながらに乗りに行こう!【1】

 シリーズ「香川県から行く青春18きっぷの旅」。2017年夏は「ムーンライトながら」です。ムーンライトながらを知らない人のために説明します。(^_^)ムーンライトながら青春18きっぷの利用期間に運転される夜行列車(全席指定席)です。運転区間は東京駅から岐阜県大垣駅(おおがき)まで。青春18きっぷの利用者の間ではかなり人気があります。*青春18きっぷとはJRの普通列車、快速列車が5日間乗り放題になる切符です。新幹線や特急列車には乗れません。

 その人気の理由は安さです。青春18きっぷが11850円(5日分・分割販売不可。)なので1日分に換算すると2370円になります。ムーンライトながらが東京駅を出発するのが23時10分(2017年7月時点)なので乗車日と翌日、2日間使用するとして4740円。この価格に「ムーンライトながら」の指定席券520円をプラスするだけで東京から岐阜まで移動できてしまうんです。

 昼間に青春18きっぷで東京駅から大垣駅まで行こうとする場合、乗換回数や時間がかなりかかりますがムーンライトながらだと夜間に移動でき、乗換無しで大垣駅まで行けるのでそれも人気の理由ですね。(^_^)

 こんなに素晴らしいムーンライトながら。人気が出るのも分かります。ただ悲しいことに香川県民には縁が無さそう、、、と乗車を諦めてる人もいるんじゃないでしょうか?いえ、そんなことはありません!

 前置きが長くなってすいません(^_^;)今回は香川県民でも安く、楽しくムーンライトながらに乗れる!ということをご紹介したいと思います。(^_^)まずは私が実際に使ったスケジュール表をご覧下さい。

交通費・宿泊費
1泊3日合計
18419円

7月21日金
15時42分

16時24分
ことでん空港リムジンバス
髙松駅

髙松空港*760円* 
18時20分

19時45分
ジェットスターGK418便
髙松空港

成田空港*7770円*
ターミナル3に到着
20時32分

21時22分
JR
空港第二ビル

千葉駅*669円*
青春18きっぷは未使用
宿泊 三恵シティホテル千葉
*3960円*
千葉駅から徒歩15分
7月22日土
観光
鹿島神宮香取神宮観光
青春18きっぷ使用
*2370円*
夕方には東京駅へ移動。
23時10分

05時50分
*翌日*
JRムーンライトながら
東京駅

大垣駅
座席指定券
*520円*
7月23日

6時20分


12時35分
JR
大垣駅

髙松駅
青春18きっぷ使用
*2370円*

 食費を除くと18419円ムーンライトながらに乗る旅を楽しめます。(^_^)気になるのはこの値段が高いか安いかですが、髙松駅から東京駅まで往復、高速バスを利用した場合と比べてみましょう。

 高速バスで7月21日金曜の深夜に髙松駅から東京駅へと向かうと11500円、そして22日土曜の深夜に東京駅から髙松駅に戻ると10800円かかります。結果、合計で22300円となります。*JR四国バス・ドリーム髙松号の場合*

 ムーンライトながらを使った場合と比べて高速バス(往復)の方が3881円も高くなってしまいました。これならホテルで1泊出来るムーンライトながらの方がお得ですよね。(^_^)今回は千葉市内のホテルに泊まりましたが都内でもカプセルホテルなら同じ位の値段で泊まれます。

 ここまでメリットを書いてきましたが、デメリットはジェットスターに乗るために半日会社を休む必要があること、天候や機材繰り不良のため欠航する可能性があることぐらいです。*ジェットスターは安い分、JALANAと比べると欠航しやすいです。しかし欠航率は1%台なので神経質になる必要はなさそうです。情報元HP・http://hokensc.jp/kaigai/ontimerank.html

 ただ今回の様にジェットスターの利用を髙松発・成田行きの便に限定すればぐっと安心です。というのも万が一、欠航すれば旅行を取りやめて家で過ごせばいいからです。

 反対に成田発・高松行きの便が欠航した場合最悪です。この場合、成田空港から羽田空港まで行ってそこから髙松空港へ行くか、成田空港から東京駅まで行って、そこから髙松駅まで新幹線で行くか選択に迫られます。どちらのルートを選択した場合も追加費用が大幅にかかってしまいます。

 もちろん髙松発・成田行きが欠航し旅行を取りやめにする場合、同時にホテルを当日キャンセルすることになるのでキャンセル料金がかかります。今回、私が利用した三恵シティホテル千葉の場合、宿泊代金の100%のキャンセル料金がかかります。3960円です。これも痛手ですが成田空港から髙松までJALや新幹線で帰ってくることを思うと安いです。無駄な時間もかかりません。

 ちなみに成田空港・空港第2ビル駅から髙松駅まで新幹線で帰ると1万8千円程度かかります。これと比べるとホテルのキャンセル料が破格の安さに思えてきます。(^_^;)

 そんなわけで香川県民がジェットスターを使う場合は髙松発・成田行きの利用にとどめておいた方が良さそうです。格好良く言えばリスクヘッジってやつですね。(^_^)

 記事が長くなってきたので分けます。次回からいよいよ旅行スタートです。(^_^)ムーンライトながらの解説が詳しいホームページを見つけたので最後にそのリンクも載せておきます。とても詳しく解説されているのでオススメです。

 成田空港から東京駅へ行く場合、バスも出ています。オススメは「THEアクセス成田」です。東京にホテルを予約している人はこちらを利用してみるといいです。(^_^)続きはこちらです。

tanalog.hateblo.jp

hit.vis.ne.jp

accessnarita.jp