たなろぐ

安く旅行するのが趣味。香川県在住のアラサーの会社員。

香川県から行く青春18きっぷの旅:2018年春:姫路編【1】

 青春18きっぷを利用して姫路(ひめじ)に行ってきました〜!今までの旅と違うのは目的地までの時間。高松駅から姫路駅までなんと普通電車で3時間20分程度で着いてしまいます!

 今回、姫路へ行った目的は「回転展望台・喫茶・手柄ポート(てがら)」にいくためです。ここはすごく面白い喫茶店なんですが、2018年3月で閉店してしまうと聞いて焦って行ってきました。

 そんなわけで何時ものように早朝に髙松駅を出発。電車に揺られ姫路駅に到着しました!写真は姫路駅・姫路城側出口から撮った写真です。いつ来てもヌケの良さが素晴らしいですねー。駅から城まで一直線に道が続いているのは全国的にもここぐらいです。

 兵庫県には姫路以上に大きな都市・三ノ宮(さんのみや)がありますが、姫路城や広々とした広場、新幹線も停まる駅がある姫路はそれに負けない魅力的な都市です。

 例えば駅前にはこんなテラスもあるんです。立体的な造りになっていて人工的な小川まであります。こんなとこからも姫路の文化度の高さ、豊かさを感じてもらえると思います。

 姫路の紹介はこのぐらいにして今回の目的地、手柄ポート(喫茶店)へと向かいましょう。手柄ポートは姫路駅の南側にある手柄山(てがらやま)にあります。そこまではバスで行きます。バスは姫路駅の南側出口、姫路城が見えない側のバス乗り場から出ています。このバス、Suicaも使えて便利。

 バスに乗れば手柄山まではすぐです。手柄山公園バス停を降りて、少し山を登ると、、、見えてきました!これが今日のメイン・手柄ポート(喫茶店)です!ホント、面白いかたちをしてますよね。今の時代には100%建ちそうにない夢のあるかたちです。この建物の上部が喫茶店になっています。しかも回転します。

 実は訪問自体は今回が2度目。1年前に青春18きっぷを使って姫路に来て、ここに向かったんですが、到着したのがちょうど閉店時間で中には入れなかったんです。なので今回が念願の初入店!楽しみです!

 入口はこんな感じ。エレベーター前に人が並んでいなかったのですぐに座れる!と思っていたんですが、そう甘くはなくエレベーターを降りたら狭い階段までスゴイ人が並んでいました。

 40分くらい待ってようやく入店。イスに座れました。店内を見渡すと閉店を知らせるパネルが設置されていました。手柄ポート(喫茶店)は建てられて数十年がたっている様です。建物の老朽化が原因で閉鎖され、今後は立ち入りができないモニュメントとして整備されるとニュースに書いてありました。

  注文したのはパンケーキセットです。一緒に注文した紅茶とよくあって美味でした。最初で最後の想い出の味ですね。注文は初回1回のみ、というルールが決められるほど人が次々に入店して混雑してました。

 みんなそれぞれ閉店を惜しんでいるようでした。こういう場所はこれからどんどん少なくなっていくので行ける時に行かないとダメですね。何時でも行けるから、と後回しにしてると場所が無くなるか、歳をとって自分の体力が無くなるか、、、どちらかですよね。大げさですが色々考えてしまいます。

 手柄ポート(喫茶店)からの景色はこんな感じです。テーブルとイスが置いてあるフロアはゆっくりと回転する造りになっているので、自分は移動せずにパノラマの景色を見られます。ここからの景色はかなりイイ感じでした。閉店が決まる前、人が少なかった時にゆっくり過ごしたかったですね。

 調理するカウンターとお客がいるテーブルの間が狭くて店員さんはホットケーキや珈琲等を出すのが大変そうでした。テーブルが置かれているフロアは回転するので、タイミングが悪いと写真上部のカウンターに阻まれて珈琲をテーブルに置けないんです。回転展望台で楽しく過ごせるのは店員さんのお陰ですね。

 ホットケーキセットを食べ終えて外へ。訪れた日は本当に天気が良くてラッキーでした。最後に地上から手柄ポートを記念に撮影しました。青空に映えてとても綺麗に撮れました。でも、こんなにも面白い場所が閉鎖されるなんて本当に残念です。

 青春18きっぷを利用すればこんな旅もできます。行ってみたい場所があっても車(高速)や新幹線では気軽には行けませんよね。そんな時、青春18きっぷを利用すれば今回の様なイイ旅もできちゃいます。香川に住む人も使ってみて下さいね。