読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たなろぐ

旅行が趣味の香川県高松市のサラリーマンです。金・土・日に更新予定です。

金沢のすごいフリーペーパー。LinkとFavo。

 どこか旅行に出かけると一度は見かけるもの、フリーペーパー。駅や空港やサービスエリアなんかでフリーペーパーを見かけるとつい手にとってしまいますよね。それで、そこにインターネットやガイドブックに載らない観光情報が書いてあったりして面白いですよね。

 そんなフリーペーパーですが、中には市販されているガイドブックに負けないものもあるんです。今回はそんなすごいフリーペーパーを紹介します!

 そのフリーペーパーは「Link」と「Favo」(ファーボ)です。どちらも金沢市とその近郊で配布されています。内容も金沢市中心部にある飲食店等を紹介する点が共通しています。 金沢市仙台市広島市、福岡市の様な大都市でもないんですが、中心部を扱うフリーペーパーが2誌もあるのが珍しいんです。こんな所からも金沢のポテンシャルの高さがうかがえます。(^_^)vそれじゃあ、紹介していきまーす。

・「Favo」はデザインがピカイチ。

 最初に紹介するのは「Favo」です!このフリーペーパーがすごいのは誌面デザインのレベルの高さ。多くのフリーペーパーのカバーが写真や文字で溢れているのに対して「Favo」はとてもすっきり。捨てずにとっておきたくなるレベルです。文字と写真のバランスが良いフリーペーパーって少ないんですよね。

・飲食店だけじゃない!「Favo

 「Favo」のもう一つの特徴、それは企画力の高さです。街で配布されているフリーペーパーを手に取ったら中身は殆ど飲食店の広告だったという経験はありませんか?フリーペーパーの運営は広告を出してくれるお店から支払われるお金で成り立っているので、これは仕方のないことでもあります。でもFavoは別。飲食店情報も掲載されていますが他では見かけないような面白い企画が掲載されています。

 2017年1月号では2016年に売れた金沢のお土産が特集されました。この特集を読めばどんなお土産を買えばいいのかすぐに分かります。こういう情報をリアルタイムに知れるのが地元のフリーペーパーの良さです。もちろんこの特集でも誌面のデザインに注目です。

  上の写真は金沢のゲストハウスを特集したものです。新幹線開業後、金沢には沢山ゲストハウスができたんですがその流れもしっかりキャッチして発信してくれています。この特集は初めて金沢に訪れる人にとって参考になりますよね。しかも、次に金沢に来る時の参考にもなりそうです。

 ・金沢人御用達のお店を探すなら。「Link」

 お次は「LINK」です!こちらは地元の人が行く飲み屋さんを探すのにもってこいのフリーペーパーです。金沢の繁華街といえば香林坊(こうりんぼう)や片町(かたまち)なんですが、敢えて木倉町を特集しているのが地元のフリーペーパーらしくて良いです。

 メジャーな繁華街に行って飲むのもいいですが地元の人が普段飲みに行く場所にいくのも楽しいですよ。そういう場所を探すのにもってこいのフリーペーパーです。

・金沢観光に使える地図が嬉しい。「Link」

  「LINK」にはA4サイズで金沢市中心部の地図が4ページも掲載されています。この地図を見れば誌面で紹介されているお店がどこにあるか一目瞭然です。しかもお店の名前とページ数まで書かれているのですごくお店を探しやすいです。

 この地図は大きくて見やすいので金沢観光にも利用できるほど。紙質も良いです。それからお店だけじゃなくてバス停やバスの運行ルート、駐車場も載ってます。こういう情報をグーグルマップで探すのは難しいのでありがたいですよね。金沢観光の助けになると思います。(^_^)

・街の文芸誌。「Link」

 「Link」には「酒場DE人生相談」というコーナーもあります。これは読者からの悩みを飲食店のオーナーに相談するというもの。飲食店の紹介だけではなくて、こういう変わった記事も掲載しているのが面白い。

 「Link」にはこういう記事が他にも沢山あります。まるでちょっとした文芸誌の様です。記事でオーナーの人柄を知ってお店に行く、なんてこともできますね。料理の写真やお店の場所、値段だけじゃないお店の判断材料を読者に与えてくれているという意味で「Link」は誌面の作り方が上手いです。(^_^)v  

 金沢のフリーペーパー、「Link」と「Favo」。どうだったでしょうか。私は日本全国47都道府県を旅しましたが、ここまでクオリティが高いフリーペーパーを他に見つけられませんでした。それぐらいすごいです。是非、金沢観光の際は手にとってみて下さい。両誌は電子書籍でも読めるので金沢観光の予習にもオススメです。でもやっぱり紙で読むのがオススメですね。(^^)/

 両誌が同時に手に入る場所でオススメなのは「片町きらら」の入口です。入口は数カ所あるのでグーグルマップのアドレスを載せておきます。電子書籍のアドレスも書いておきますね。

* 片町きらら入口

Google マップ

Favo電子書籍(2017年1月号)

www.favo-net.jp

*Link・電子書籍(2017年1月号)

kcc-magazine.e-manager.jp