たなろぐ

安く旅行するのが趣味。香川県在住のアラサーの会社員。

SONY:SRS-XB10レビュー。旅にもってこいの小型スピーカー。

 SONYが販売している小型スピーカー、SRS-XB10を購入したのでレビューしてみます。SRS-XB10は防水仕様のBluetoothスピーカーです。バッテリー駆動なので電源が確保できない屋外でも音楽を楽しめます。実売価格は7000円ほど。

 たくさんあるBluetoothスピーカーの中からこれを選んだ理由は、ライン入力端子があったから。ライン入力端子があるBluetoothスピーカーは少なくて選ぶのに苦労しました。

 Bluetooth全盛の昨今、なぜわざわざライン入力端子があるものを?と思われそうですが、旅先でカセットテープの暖かみがある音を聴きたかったからです。私にとってカセットテープやレコードで音楽を聴くのは癒しそのものなんです。

 今まで聴いたことが無い人は一度、聴いてみて下さい。安いプレイヤーやスピーカーでも癒されます。*ライン入力端子はカセットウォークマンの音をスピーカーから鳴らすための端子です。

 カセットウォークマンとスピーカーはオス・オスのオーディオケーブル(ステレオミニプラグ)でつなぎます。再生ボタンを押せば角の取れたなめらかな音がスピーカーから聞こえてきます。音楽だけじゃなくて波の音や鳥のさえずりなど、自然の音が混じると更に良い雰囲気になります。

 SONYの「音」といえば重低音ですがスピーカーの音量を絞って静かに聴くのがオススメです。音質のことはよく分かりませんがとてもしっかりした音を出してくれます。

 写真ではカセットウォークマンとスピーカーを有線でつなげていますが、この状態を維持したまま無線(Bluetooth)でiPhoneを接続することもできます。例えばカセットウォークマンで音楽を再生していて、iPhoneで音楽を再生すると、自動的にスピーカー側の入力が切り替わってiPhoneの音楽が流れます。ウォークマンの音楽は流れません。これは地味に便利でした。

  防水仕様なので写真の様な海岸でも安心して使用できます。写真は香川県にある離島、手島(てしま)です。丸亀港からフェリーで行けます。誰もいないビーチで穏やかな瀬戸内海を眺めつつ、カセットウォークマンでJazzを聴いて過ごしました。

 本当に癒されます。こんなことができるのも小型でライン入力が可能なSRS-XB10ならではです。カセットウォークマンとスピーカーをSONYで揃えられたことも良かったかなと。

 一方、弱点はバッテリーの短さです。小型なので仕方ありませんが長時間聴くというスタイルには向きません。とはいえ、ホテルで充電しながら音楽をゆっくり聴くといった使い方には充分なので、私にとっては大きな弱点ではありませんでした。実際、私はホテルでSRS-XB10を使っています。

 このスピーカーよりも音質が良く、バッテリーの持ちがいいものはたくさんありますが、どうしても大きく、重くなってしまいます。その点、SRS-XB10はとてもバランスが良いです。まさに旅にもってこいの小型スピーカーです。

 Bluetoothスピーカーは国内外、数多くのメーカーから発売されていますが、バランスがとれた製品を作れるのは、やっぱり老舗のSONYかなと思ったり。久しぶりにSONYが好きになりました。

 私と同様、旅先でカセットウォークマンの音を楽しみたいという人は、スピーカーの候補に入れてみて下さい。オススメです。

エレコム オーディオケーブル ステレオミニ AV-351

エレコム オーディオケーブル ステレオミニ AV-351