たなろぐ

安く旅行するのが趣味。香川県在住のアラサーの会社員。

味付け海苔の最高峰。淡路島の大江のりは津之国屋洲本店がお買い得!

 先日、淡路島(あわじしま)に行ってきました。淡路島って知ってます?知らない人のために簡単に説明すると兵庫県にある大きな島です。本州と四国(徳島県)をつなぐ「明石海峡大橋大鳴門橋」が設置されています。(あかしかいきょうおおはし・おおなるときょう)

 淡路島は「くにうみ神話」が有名で、日本の古い物語である古事記日本書紀に名前が登場するほどの歴史があります。関西人にとっては美しい海を気軽に楽しめるリゾート地でもあるんですよ。

 色々楽しめる淡路島ですが、今回の旅の目的は観光だけではありません。今回の目的は旅にかこつけて「大江のり」を安く買うことです!

 え?「大江のり」を知らない?最高の味付け海苔、それが「大江のり」です。とにかくパリパリで美味しい!スーパーで売られている味付け海苔とは明らかに違います。その証拠に淡路島内のお土産屋、SAでは必ず販売されています。それほど人気がある味付け海苔なんです。

 そんな大人気の大江のりにも大きな弱点が。それは価格がかなり高いこと。店にもよりますが1個につき税込みで550円から700円位します。どうにかして安く買える方法は無いかな〜と調べていたら淡路島内にあるリアル店舗「津之国屋・洲本店」(つのくにや・すもとてん)で買うのがお得だと分かったんですよね。*このお店のオンラインストアはありません。

 安く買えると分かったら、ちょっと行ってみるか〜というノリで観光がてら「津之国屋・洲本店」に行ってきた、というわけなんです。このお店は淡路島の中心・洲本市(すもとし)にあって本州側からも四国側からも行きやすい場所にあります。洲本インターのすぐそば。

 期待しつつ店内へ入ってみると、そこにはすごすぎる光景が広がっていました!見て下さい!大江のりの山!山!山です!!超大量の大江のりが陳列されていました。お店のバイヤーさんにどんだけ仕入れてるんすか!と突っ込みたくなるほど。これはスゴイです。

 そして見て下さい!価格は税抜き460円です。税込みだと500円ほど。この価格は変動しますが、同じ時期に調べたインターネット、リアル店舗の中では最安値でした。この時、香川県内のゆめタウンでは税込み1個700円ほどで売られていました。

 大江のりのメーカーはもちろん淡路島内にあって、メーカーが運営するオンラインストアもあるんですが、なんとそれより安く売られています。*メーカーオンラインストアでは税込み540円。送料別。2018年4月現在。

 大江のりを買うのなら津之国屋洲本店が最強ですね。安いので自分用、実家用とたくさん買い込んでしまいました。合計で1万円を越えて痛い出費になりましたが、安く買えたのでホクホクです。

 こんなのも見つけました。大江のりのカットわかめです。商品説明には「買えたらラッキーの文字」が。残念ながら売り切れで今回の旅では買えませんでしたが次回こそは買ってみたい!カットわかめが売られている場所は限られているのでまた津之国屋洲本店に行ってみようと思います。

 それからこちらは大江のりと同じ位プッシュされていた津之国屋洲本店オリジナルの味付けのり。何故か価格が大江のりと比べて高いという。普通、プライベートブランドは安いのが普通ですよね。よほど味と質に自信があるんでしょうか。

 気にはなったんですが、やっぱり大江のりのブランドには勝てず買いませんでした。次はこれを買おうかな〜。食べ比べしてみたい。

 今回は大江のりを如何に安く買うか書いてみました〜どうだったでしょうか?

    大江のりはメーカーの公式オンラインストア楽天でも販売されています。それなら少々高くて送料がかかってもオンラインで購入した方が手間がかからず早いと思いました?

 それはすごくスマートな考え方だと思います。でも淡路島に遊びに行ったついでにお得に大江のりを買うっていうのも十分アリだと思うんですよね。オンラインには無い発見があったりして面白いと思います。今回の「大江のりのカットわかめ」を発見できたこともその一例かなと。

  というわけで淡路島を楽しんだ後は大江のりをお得に買って帰りましょう!ローカルスーパーも立派な観光地です!おもしろい!

    最後にお店のホームページのリンクをのせときます。

津之国屋洲本店・公式HP

楽天市場〈淡路米田畑〉大江のり

*淡路米田畑は津之国屋洲本店と同じグループの様です。ただし、リアル店舗(津之国屋洲本店)の方が大江のりは安そうです。

*念のために注記。必ずしも津之国屋洲本店での大江のりの販売価格が最安値になるとは限らず、この記事はそれを保障しません。ただしかなり安価に買えることは間違いなさそうです。