読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たなろぐ

旅行が趣味の香川県高松市在住のサラリーマンです。インスタグラムもやってます。IDはtanalog

日帰りで札幌駅から博物館網走監獄まで行ってきました。

 夏期休暇を使って北海道へ行ってきました。既にモエレ沼公園の記事を書いてますが実はこの北海道旅行のメインは網走でした。なぜかというとシンプルに博物館網走監獄に行ってみたかったんです。全国的にも刑務所を博物館にしている所はここ以外に見かけなかったんですよね。それに監獄が博物館になってるとか気になりません?

 そんなわけで網走監獄に行って帰って来たんですが移動が大変。網走監獄がある場所は北海道の東の端なんですが他の地域と比べて北海道は広すぎるのでとにかく移動に時間がかかったんですよね、、、そこも含めてレポートします!

 出発の日の朝、札幌駅から網走駅まで直通の特急オホーツク号に乗車しました。最初の写真はその切符なんですけどほぼ5時間かかります。新大阪・東京間が新幹線でおよそ2時間30分かかるのと比べるとかなりの長時間です。しかも利用者が少ないらしくもしかしたら将来、特急オホーツクは無くなってしまうかもしれません。そして不幸にも2016年9月現在、台風被害の影響で特急オホーツクが全線運休となってしまいました。なんてこった。(-_-)北海道の電車は乗れる時に乗らないとダメですね。

**追記**2016/11/10現在、JR特急オホーツク(札幌駅〜網走駅間)は復旧、運航しています。

  長い電車の旅を終えるとそこは、、、網走でした。天気もいいです。早速、監獄博物館に向かいます。普段の私なら間違いなく安い路線バスを使うんですが今回は時間が無いのでタクシーを使いました。網走駅から監獄博物館まで1500円程度です。

 そして念願の監獄博物館に到着です!入場券を買う時は公式HPにある割引券を忘れずに(^_^)。無事入場するとどーんと目の前に見えてくるのが写真に写っているレセプション棟です。このお洒落な建物の中で網走刑務所の歴史を学べます。

 網走監獄の囚人は罪を償うだけではなく北見・網走間の道路を造る公共工事にかり出されたり、寒さに加えてかなり過酷だったようです。北海道の発展の影には囚人の協力もあったんですね。以下のページに割引のチケットがあります。

www.kangoku.jp 

  このレセプション棟に限らず監獄博物館内の展示物はかなりお金がかけられているので本当に見応えがあります。例えば当時の網走監獄の囚人の暮らしを疑似体験できたり、逮捕されてから刑務所に入るまで、、なんていう展示があったりします。他にも沢山見どころがありました。時間が無くて充分に見られなかったのが悔やまれます。

 監獄博物館内は広くて全てまわるのに3〜4時間はかかると思います。建物だけでなく精巧な人形が展示されてるのもポイント高いです。網走刑務所で撮った写真は殆ど人形の写真でした。(^_^;)

 上の写真は囚人を見張る看守さんです。妙にリアル。こういう光景が当時、実際にあったんでしょうね。過酷な環境の中、監視をする看守さんも大変そう。今の様にインターネットはおろかテレビもない時代、プライベートはどうやって過ごしたんでしょうか。そんなことをふと考えさせてくれます。

  監獄博物館内にはこんな人形も。どことなく優しいまなざしです。僧侶の人形のようで囚人達に説法を行ったんでしょうか。おじいちゃん。。。

 罪を憎んで人を憎まず。看守の強く握りしめた拳から、そんな言葉を感じさせてくれる。。。みたいな。

 そんな妄想をしつつ時間は過ぎ帰りの高速バスの時間が迫ってきたので今度は路線バスに乗って監獄博物館から高速バス乗り場へ向かいました。本当に楽しい博物館でした。建物、展示がかなり良かったのでまた行きたいですね〜全国的に見てもここまで丁寧に整備された観光施設は少ないはずです。

 網走から札幌へは高速バス・ドリーミントオホーツク号で帰ります。行きと同じJRの特急オホーツク号でも良かったんですが札幌行きの最終列車が網走駅発17時18分で高速バスの最終便(深夜便除く)の時間よりも早かったのでやめました。少しでも網走での滞在時間を延ばすためです。網走バスターミナルを18時に出発する便に乗ればギリギリ当日中に札幌駅へ帰ってこられますし。**高速バスの乗り場は網走駅ではなく網走バスターミナルから発車するので注意して下さい。別々の場所で距離があります。**

高速バス・ドリーミントオホーツク号HP

http://www.chuo-bus.co.jp/highway/index.cgi?ope=det&n=3&area=69&o=2

  帰りのバスは結構、快適でした。トイレ有りテレビ有りの3列シートということで4列シートの高速バスよりは疲れませんでした。あたりまえですね。札幌に着いたのは日付が変わるか変わらないかの時間でした。

 北海道の高速バスに乗って気づいたんですが網走まで高速道路は通ってなかったんですね。改めて北海道の広さに気づかされました。広すぎて高速道路が東西南北通せないんでしょうね。そうすると札幌から網走まで線路を通した当時の人はやっぱり凄いです。

 以上が日帰りで札幌から網走まで行って帰ってきたレポートです。網走、かなり楽しかったので北海道旅行に行く人は行き先の候補に入れて欲しいですね。子供連れとかでも楽しめると思います。私もまた行きたいです。次に行くなら思いっきり寒い冬に行ってみたいなーその時は本物の流氷もみたい。笑

www.kangoku.jp