たなろぐ

旅行業界への転職活動中。旅行好きアラサーサラリーマン。髙松在住。地方発、できるだけお金をかけずに旅行を楽しんでいます。

足摺岬とジョン万次郎。高知で自然と人のコラボを楽しんできました。

 四国には2箇所、有名な「すみっこ」があります。1つ目は四国の右端にある「室戸岬」(むろとみさき)、そして左端にある「足摺岬」(あしずりみさき)です。どちらも高知県内にある風光明媚な観光地です。

 でも単に景色が綺麗なだけじゃありません。というのも高知県の観光地は他県と比べて人との結びつきが強いんです!今回紹介する足摺岬もそうです。それって、どういうこと?と思った人にこの記事はオススメです。

 ということで「自然」と「人」の結びつきを感じられる「足摺岬」(あしずりみさき)を紹介します。足摺岬が雄大な自然だとすると、それに対応する人は「ジョン万次郎」です!この人について簡単に説明するとこんな感じになります。

 ジョン万次郎(1827年〜1898年)は高知県出身の偉人で、足摺岬近くの村の漁師の息子として生まれました。ある日、彼が乗った船が嵐で難破し、遭難してしまいます。しかし、幸運にもアメリカの船に助けられ命拾いします。この時、彼を助けたアメリカ人船長から才能を見いだされアメリカに渡ります。そのアメリカで様々な知識を習得、帰国した後はその知識を活かして幕府、土佐藩で活躍しました。幕末の志士にも影響を与えています。

 といった人です。いや〜すごい人ですね。困難な状況にあっても自分の才覚で人生を切り開いたって感じの人ですね。今から100年以上も前にそんな人がいたなんて。ジョン万次郎という人を知って勇気づけられる人、結構いるんじゃないでしょうか。ジョン万次郎も多分、訪れたことがある足摺岬。少しですがご紹介します。

 まずは肝心な足摺岬までのアクセス情報です。足摺岬はかなりアクセスが悪い場所にあります。高知市内からも遠いです。したがって高知市内からゆっくり日帰り旅行、とうのは苦しいでのでやめておいた方がいいかもしれません。じゃあどうするか、ですが足摺岬の最寄り駅である中村駅(土佐くろしお鉄道)近くのホテルを予約して、そこからレンタカーで向かうのがオススメです。

 グーグルマップでは中村駅から足摺岬まで車で約1時間と表示されます。ですが、ルートにもよりますが道が狭く、場所によっては車両1台しか通行できない箇所もあるので2時間程度はみておいた方が無難です。

 レンタカーで険しい山道を抜けた後は足摺岬横の駐車場に駐車しましょう。お疲れ様でした。駐車場の周りは緑に囲まれているのでとても気持ちが良いです。駐車場近くにはトイレもあるので安心して楽しんで下さい。

f:id:nakazima:20171125103242j:plain

 駐車場を離れて足摺岬の入口に向かうとそこには、、、ジョン万次郎先生の銅像が!遠く太平洋を眺めています。ジョン万次郎先生も恐らく見たであろう景色を今、自分も見ている。そう考えると感慨深くなります。

 桂浜(かつらはま)にある坂本龍馬像もそうですが、高知県内にたてられた偉人の銅像はどれも太平洋を眺めるようにして設置されています。私はそこに高知県民の県民性、他では見られないキャラクター性を感じてしまうのですが皆さんはどう思いますか?

 足摺岬の入口には土佐偉人銅像案内図という看板もありました。よくこれだけ偉人の銅像をたてたなと。こんな看板があるのは高知県だけだと思います。この記事の最初に「高知県の観光地は他県と比べて人との結びつきが強い。」と書きましたが、その根拠の1つがこんな看板なんです。

 美しい自然に興味が無くても、人と自然のコラボであれば興味があるという人もいると思うので観光戦略としても上手い切り口を造ってるなと個人的に思ってます。

  ここから足摺岬に足を踏み入れます。入って早々、南国チックな植物が出迎えてくれます。こんな植物、普段見かけないですよね。珍しいです。

 この小道、すごくいいと思いませんか?生命力溢れる植物を身近に感じられるなんてかなり贅沢。夏でも風通しが良くて、微かにさす太陽の光が良い感じです。こんな道をドリンクを飲みながらゆっくりと歩いてみる。足摺岬の楽しみ方の1つです。

  小道を進むと展望台に通じる階段が見えてきます。これをのぼれば展望台です。

 展望台では足摺岬の四方を見渡すことができます。訪れたのは9月だったのでとても穏やかな太平洋が見られました。太平洋と自然。ひたすらに癒される景色が広がっています。こんな場所が近くにあれば最高ですよね。

 足摺岬、どうだったでしょうか?とても癒される場所だと思うので高知県に遊びに来たら行ってみて下さい。他にも足摺岬から歩いてすぐの場所に金剛福寺(こんごうふくじ)というお寺もあります。色々楽しめます。

 上の写真は金剛福寺に置いてあった「ジョン万次郎NHK大河ドラマ化」の署名用紙です。他府県民からすると坂本龍馬大河ドラマ化されてるから充分じゃないですか〜!とツッコミたいですが、地元の人はそうは思っていない様です。まだまだ高知にはスゴイ人はいるんだと。いずれにせよ、ジョン万次郎先生は高知県民から愛されているようです。

www.johnmung.info

【016】屋島に行けば瀬戸内海の美しさを100%楽しめる!

 香川県にきて絶対に行きたい場所といえば、金比羅さん、栗林公園丸亀城。どれも外せない超有名観光スポットです。でも、今回はそういった超有名観光地に隠れて目立たない観光地「屋島」(やしま)を紹介します。

 四国以外の人で屋島と聞いてピンとくる人がいたらそれはスゴイと思います。というのも屋島は平家と源氏が争った場所だからです。「壇ノ浦の戦い」を覚えている人は多いでしょうが「屋島の戦い」を覚えていた人は結構な歴史好きでしょうから。恥ずかしながら私は当然、屋島と聞いて何も思い浮かびませんでした。

 そんな歴史的に「争いごと」のイメージが強い屋島ですが、髙松市民にとっては癒しの場所として親しまれています。だから屋島には水族館や屋島寺があります。かつてはロープウェイもありました。例によって前置きが長くなりましたが、屋島の「いいとこ」を紹介しますね。

 まず屋島へのアクセスですが、ふもとから屋島ドライブウェイ(無料)が整備されているので楽に頂上までいけます。駐車場は有料です。駐車場に車を駐めて早速、周辺を歩いてみるとすぐに気持ちの良い景色を見られました。瀬戸内海の大パノラマを満喫できます。

 瀬戸内海にぽつぽつと浮かぶ小島は景色を面白くしてくれます。もし小島群が無ければ瀬戸内海がこれほど讃えられることは無かったでしょうね。香川県で美しい瀬戸内海を見たいなら間違いなく屋島!と思わせてくれる景色です。

 ただ、香川県の西に紫雲出山(しうでやま)というこれまた美しい瀬戸内海が眺められる場所があるんですが、そこは桜が所狭しと植えられている場所で特に春の景色が素晴らしいんです。ですので西の紫雲出山、東の屋島としておきます。

 通路もこんな感じにキレイに整備されています。これなら子供連れや、車椅子の人でも通行し易いと思います。

 屋島には軽食が食べられる場所もあります。昔ながらの建物がとても良い感じです。ふらっと立ち寄れる場所があるのも屋島の良さです。

 店内から外を眺めるとこんな感じです。夏なのに店内を心地良い風が通ります。

 こちらも店内から外を眺めた写真です。こういう場所ってなかなか無いです。お店の中から青空や森が見えるのは想像以上に癒されますよ。

 定番のうどんを注文しました。ツルツルしていて美味しかったです。

 うどんを食べた後は再び散策へとでかけました。真夏でも森の中は涼しいです。  

 そして日が沈む時刻になりました。太陽が瀬戸内海に沈んでいきます。この景色はずっと眺めていても飽きないと思います。日が沈む景色を最後に見たのは何時だっただろう、、、?いつも仕事に一生懸命でそんなことは忘れてしまったな、、、この景色を見た人は思わずそんな臭いことを考えてしまうでしょう。

 日が沈みました。高松市内からすぐの場所でこんなキレイな景色が見られるとは。行ってみて良かったです。

 屋島。どうだったでしょうか?ここ数年、観光業界には「絶景」ブームが起きていますが、その殆どはアクセスが難しい場所ばかりです。絶景を見るためにはそれに見合う苦労が必要ということなのでしょう。

 しかし、屋島ではそんな苦労をすることなく美しい景色が見られます。それは全て数百年前から屋島を大切にしてきた香川県人のお陰。本当に感謝です。そんなことに想いをはせつつ、、、。是非、髙松に遊びに来た際は寄ってみて下さい。

旅とカセットウォークマン。

 数年前にレコードが若い音楽好きや、新しい物好きの間で注目されているらしい。という噂を聞きつけて試しにレコードを買って以来、その魅力に取り付かれてレコードを買う生活を続けています。 レコードの良さはやっぱりデジタルには出せない暖かみがある音。こういう話をよく聞きますが、私も実際にレコードを聴いてみるまで半信半疑でした。でもこれはホントです。角が取れた様な音と表現するんでしょうか?とにかく心地良い音がします。

 旅行をしていてもレコードの様な暖かみがある心地良い音を聴きたくなる時があります。例えば冒頭の写真の様な美しい海岸を歩いている時に聞きたくなります。でもレコードを外に持ち出して聞くわけにはいきません。そこでレコードと同様に暖かみがある音楽が聴けるカセットウォークマンを買って旅先で楽しみたいと考えるようになりました。

 そう考えて、まずはカセットテープについて色々調べました。すると、どうやら最近のレコードブーム(局地的なものですが。)に引き続き、カセットもブームになっていたみたいです。渋谷にあるレコード専門店「HMVレコードショップ」にもカセットテープのコーナーができて、中でも中目黒の「waltzワルツ」というカセットテープ専門店が話題とのこと。

 ちょうどムーンライトながらに乗車するために東京にいたので早速、waltzに行ってカセットテープを購入しました。購入したのはGuardians Of The Galaxyというアメコミ映画のサントラ。もちろん新品。まさかカセットテープの新譜を買うことになるとは思ってもみませんでしたが、いざカセットを手に取ってみると手に収まるサイズ感がなんとも良い感じでした。

 カセットテープを手に入れたら次はウォークマンです。ウォークマンといえばSONYです。しかし現在、SONYはカセットウォークマンを製造していないので、ノーブランドの新品カセットウォークマンを買うか、オークションで状態の良い中古のSONYのカセットウォークマンを買うか、このどちらかになります。私は旅行に持って行くものだからとオークションを選びました。この選択は大正解でとても質の良いウォークマンを手に入れられました。

 ウォークマンのモデルはSONYのWM-EX677。今ではあまり見かけなくなった日本製です。外装もプラスチックの安っぽいものではなく金属製。SONYが今のApple以上に世界を席巻していたころのプロダクトというところがグッときます。今でも格好いいです。まさに日本が世界に誇れるプロダクツです。

 カセットとウォークマンが揃ったらいよいよ旅行へと出かけます。今回はウォークマンが似合う旅先を選んでみました。高知県の土佐西南大規模公園(とささいなんだいきぼこうえん)、足摺岬(あしずりみさき)です。土佐西南大規模公園は高知県の西側にある美しい海岸です。

 海に着いてカセットウォークマンの「再生ボタン」を押すと僅かなノイズと併せて音楽が流れてきました。音楽を聴きながら澄み切った青空と穏やかな海、鏡のような砂浜を眺めつつ歩いてみたのですがとてもリラックスできました。これはイイです!かなりオススメです!イヤフォンから聞こえてくる柔らかい音と波の音が重なり合う感じがとてもよかったです。

 歩き疲れたら公園内の休憩所で休むことが出来ます。私が訪れたのはちょうど昼時で近くに住んでいる人がお弁当を食べたり、昼寝をしていました。こんな場所が近くにあるなんてとても贅沢なことですよね。私もここで音楽を聴きながらコンビニで予め買っておいたサンドウィッチを食べました。

 公園を後にして足摺岬(あしずりみさき)へ向かいました。四国の西端にある岬です。去年、東端にある室戸岬(むろとみさき)を訪れて以来ずっと行ってみたかった場所です。室戸岬と比べるとこちらはまさに断崖絶壁というイメージです。自然の雄大さを感じられる場所でもあります。

 足摺岬をカセットウォークマンで音楽を聞きながら歩きました。先程と違って波の音は遠くから微かに聞こえてきます。ここは森に囲まれている分、音楽メインという感じです。ただ時々、木の葉が揺れる音が聞こえてきたりして、こちらもなかなか心地よかったです。

 足摺岬周辺の木々はどこか南国風です。とはいえ沖縄っぽいというわけでもありません。ここ以外では見かけないような独特な雰囲気が広がっています。やはり足摺岬はわざわざ行く価値のある場所でした。

  小道の脇からはこんな景色も見られます。遠くに見える海が眩しいです。こうしてみると自然とアナログなカセットの音ってどこかシンクロしている様な気がします。どちらも癒しの存在で日々変化していくところとか。上手く表現できませんがそんな風に感じます。

 今回は「旅とカセットウォークマン」というタイトルで記事を書いてみました。デジタル音楽全盛の今、カセットは古くて使い勝手が悪いというイメージがあります。しかし、今回使ってみてそれが間違いだと気づかされました。

 レコードの様な暖かくて柔らかい音を場所を選ばずに聴けるカセットウォークマンは最高です。特に旅行みたいな特別なシチュエーションにはぴったりでした。今後も旅行にカセットウォークマンを持って行こうと思ってます。

 最後にカセットの販売店やウォークマンを修理して販売しているヤフオクの出品者等をご紹介しておきます。是非、旅行にカセットウォークマンを連れて行ってみて下さい。

・waltzワルツ(店頭のみ販売)http://waltz-store.co.jp/
HMVレコードショップhttp://recordshop.hmv.co.jp/
ヤフオク「yoko8391出品リスト」https://auctions.yahoo.co.jp/seller/yoko8391?select=22
*オークションの利用はご自身の責任でお願いします。ちなみに私が購入した出品者のリストです。

土佐西南大規模公園(とささいなんだいきぼこうえん)

 足摺岬(あしずりみさき)

香川県から行く青春18きっぷの旅:2017年夏:ムーンライトながらに乗りに行こう!【3】

 「香川から行く青春18きっぷの旅」2017年夏編も今回の記事が最後です。香取神宮から東京駅に着いた後は「ムーンライトながら」の下り(東京駅→大垣駅)が出発する8番ホームへと向かいます。(2017年7月時点)8番ホームの電光掲示板を見ると当然と言えば当然ですがムーンライトながらの名前が表示されています。

 やはり満席です。私がムーンライトながらに乗車したのは2017年7月22日土曜日です。やはり平日よりも休日の方が指定席券は取りにくいみたいです。

 問題の香川県からどうやってムーンライトながらの指定席券を取るか?」ですがJR西日本が運営する「e5489」を利用するのが一番です。e5489とは切符のインターネット申込サービスです。登録、利用料は無料です。JR西日本のサービスですが、切符の受取はJR髙松駅に設置されている「みどりの受取機」、「みどりの窓口」で受け取ることができます。

 私はこのサービスを利用して指定席券を入手しました。事前にe5489でムーンライトながらの指定席券を申込、クレジットカードで決済しておいて東京へ行く前にJR髙松駅の受取機で切符を受け取っておくという流れです。

 e5489の「通常申込」は乗車日の1ヶ月前からできますが、さらにその1週間前の乗車日を「事前申込」できます。事前申込とは事前申込した日が「1ヶ月前」になったら自動的に申込が行われるサービスです。「通常申込」は申込結果が瞬時に分かるのに対して、「事前申込」は事前申込した日の1ヶ月前にならないと申込結果が分かりません。事前申込をしたれど数日後、確認したら満席で切符が取れていなかったということもあります。

 例えばこの記事を書いている本日、9月17日なら10月17日までが「通常申込」、18日から24日までが「事前申込」です。ですので本日、10月24日の列車を事前申込すると申込結果が分かるのは9月24日となります。さらにe5489には営業時間があります。時間は5時30分から23時30分まで。この時間以外は切符を申込できません。 

 そしてムーンライトながらは人気があるので「事前申込」が可能になる日の5時30分に申し込む必要があります。これを逃すと指定席券を取ることは難しいと思います。事前申込にも順番があるからです。

 切符を取るまでに手間がかかりますがこの手順通りにやってもらえば、ほぼムーンライトながらの指定席券を手に入れることが出来ると思います。興味がある人はチャレンジしてみて下さい。ムーンライトながらは主に青春18きっぷ利用期間のみ運行される列車です。全席指定。青春18きっぷの他に指定席券(520円)が必要です。青春18きっぷの利用開始日の1.5ヶ月前位になるとムーンライトながらに関する情報が出てくるのでJRのHPやTwitterで運行日を調べて下さい。

www.jr-odekake.net

 東京駅構内にはアクセンチュアの広告が展開されていました。アクセンュア。名前だけは聞いたことがある外資コンサルティング会社です。外資の広告でここまで大規模なものはやはり東京以外、見かけません。こういう広告は東京駅ならではですね。

 そうこうしている内にムーンライトながらがホームに入線してきました。車両のことはよく分かりませんがクラシックな車両です。

 これがムーンライトながらなんですね。今まで乗ったことがないタイプの車両です。やはり人気があるらしく私以外にも沢山の人が写真を撮っていました。

 これが車内です。座席は特急列車とあまり変わらない感じでした。乗り心地は高速バスと比べると座席への振動が少ない分、遥かに楽でした。足を幾らかは伸ばせるのも助かりました。ただ熟睡できるかというとそんなことは無く、疲れは残ります。ムーンライトながらには車内販売や自販機はないので飲料やお菓子なんかを買っておくといいと思います。

 車内には関西方面に観光に行くと思われる年配のグループもいて会話を聞いているとなかなか面白かったです。関西(厳密にには東海ですが。)まで電車で格安に行けるムーンライトながら利用者の裾野がかなり広いことを再認識しました。

  ムーンライトながらの行き先パネルを撮影してみました。思えば夜行列車に乗ったのはこれが初めてでした。新幹線が整備されたり、飛行機の運賃が安くなったりと夜行列車を取り巻く環境は年々厳しくなっていて、いつかムーンライトながらも廃止されるかもしれませんが、その前に乗れてよかったです。

 大垣駅(岐阜県)まで行かずに名古屋駅で下車しました。ここからJR四日市駅(三重県)まで行きたかったからです。三重県四日市市三重県で一番大きな都市なのでそこをみてみたいんです。そのことはまた別の記事で書くかもしれません。

 長い記事を読んでいただいてありがとうございました。以上で「ムーンライトながらに乗りに行こう!」シリーズは終了です。今回の旅でかかった費用(食費除く)は18419円でした。内訳は1回目の記事を見て下さい。

 約1万8千円で髙松から東京、東京から髙松まで帰って来られました。髙松・東京間の高速バスでも片道1万円位しますからそれを考えるとかなり安いと思います。旅行は高くつくと思われがちですが工夫するとこんな風に少し安くできます。

 香川県に住んでいてもムーンライトながらに乗れます!安く旅行を楽しんでみてください。

ムーンライトながらに乗りに行こう!】1回目記事

tanalog.hateblo.jp

ムーンライトながらに乗りに行こう!】2回目記事

tanalog.hateblo.jp

関西人ならここも絶対に行きたい神社。千葉県・香取神宮に行ってきました。(^_^)v

 青春18きっぷを使って東京駅から「ムーンライトながら」に乗る旅の寄り道の続きです。茨城県にある鹿島神宮の後は香取神宮です!鹿島神宮駅から香取神宮の最寄り駅、佐原駅までは20分程度かかります。結構、近いです。ただ電車の本数が1時間に1本程度なので電車の時間に注意ですね。

 鹿島神宮と違って香取神宮は駅から歩いて行ける距離じゃないのでバスがオススメです。ここらへんが鹿島神宮と比べると不便な点かも。でも、、、香取神宮春日大社(奈良県世界遺産)と縁がある神社なので関西出身者として行かねば!という強い使命感に背中を押されて行ってきました!

 改めて春日大社のHPの解説文を引用します。関西人は一読してみましょう。

春日大社は、今からおよそ1300年前、奈良に都ができた頃、日本の国の繁栄と国民の幸せを願って、遠く鹿島神宮から武甕槌命タケミカヅチノミコト)様を神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)にお迎えした。やがて天平の文化華やかなる神護景雲2年(768年)11月9日、称徳天皇の勅命により左大臣藤原永手によって、中腹となる今の地に壮麗な社殿を造営して香取神宮から経津主命、また枚岡神社から天児屋根命様・比売神様の尊い神々様をお招きし、あわせてお祀り申しあげたのが当社の始まりです。

経津主命・ふつぬしのみこと
*引用元・http://www.kasugataisha.or.jp/about/index.html 

 というわけで佐原駅に到着しました。帰ってから調べてわかったんですが、どうやらこの駅はここら辺で最も大きい駅だったみたいです。少し歩いた場所に伊能忠敬記念館もあったりして香取神宮以外にも色々と楽しめそうです。

 今回利用する「佐原循環バス」は2番乗り場から出発します。2番乗り場は駅を出て右手にあるのでそちらに行きます。ここで注意なんですが、佐原循環バスは土・日・祝日にしか運行されていません。それ以外の平日と年末年始は運休です。注意して下さい。(2017年9月時点)

 暫く待っているとバスがきました!このバスに乗って香取神宮へと向かいます。この時、忘れずに購入したいのが「1日フリー乗車券」です。価格は500円。佐原駅から香取神宮まで片道で300円、往復すると600円なのでフリー乗車券を買った方がお得なんです!(*通常、周遊エリア内ならどこで乗っても、降りても1回につき300円かかります。)

 購入方法はバス乗車時に運転手に購入したいと声を掛ければOK!簡単に買えるのがイイです。

公式HP・佐原循環バス周遊ルート

 バスに揺られて20分。香取神宮に到着しました。休日の昼間に行きましたが人影はまばらです。その分、ゆっくりと歩けるので人が少ないっていうのも悪くないです。

 ちょうどお昼時だったので参道の脇にある蕎麦屋、栄亀庵(えいきあん)に吸い寄せられてしまいました。暖簾には昭和元年創業と書いてあって老舗の雰囲気が漂うお店です。

 早速、入店して周りを見渡すとゆったりとした座敷席が。今回はテーブル席を利用しましたが座敷でもくつろげそうです。

 そしてこれが栄亀庵のお蕎麦です!とても美味しいです!やっぱり冷房が効いた店内で美味しいお蕎麦を食べるのはサイコーですね。店内から暑い外を眺めたりして、、、。すごく贅沢な時間を過ごせました。オススメです!

 お蕎麦を食べた後はいよいよ香取神宮の本殿に向かいます。鹿島神宮と違って起伏がある参道なので歩くのが少し大変です。ただ眺望は香取神宮の方がいいです。

  そして、これが香取神宮の本殿です。やっとたどりつくことが出来ました!これが春日大社のルーツの1つなんですね。関西と関東。テレビ等で対立しているかの如く取り扱われることが多いですが、香取神宮春日大社の様に元々、両者は繋がっていたわけで、、、そう考えるとロマンを感じます。「当たり前だよ!」と突っ込まれそうですが。まぁでもいいじゃないですか。

 本殿を暫く眺めて気づいたのがこの極彩色の装飾です。こういうのを見ると「自分は今、関東にいるんだなぁ」と感じます。というのも関西にはこんなにキラキラした装飾が施された神社はないからです。日光東照宮、武士、関東の文化という気がします。実際、香取神宮のHPに本殿は徳川幕府によって作られたと書かれています。神社といっても関西と関東でこれだけ違うのは面白いです。

 日本各地、色々な場所に行った経験が重なるとはじめて訪れた場所でもその場所の特徴や他との違いがより鮮明に分かってくるようになって旅の楽しみが更に増します。やっぱり旅は面白い!

 ちなみに関東人で「関西の中の関東」を見てみたいと思った人は京都の二条城に行ってみて下さい。そして京都のお寺と装飾を比べてみて下さい。多分。「関東ぽいなぁ」と思ってもらえると思います。恐らく。

  帰りはバスで佐原駅まで行ってそこから電車で東京駅へと向かいました。今回は早朝に千葉駅を出発して鹿島神宮香取神宮に行き、東京駅に向かう旅でした。時間が心配でしたが充分に観光できて良かったです。

 次回はこの夏の目的・「ムーンライトながら」に乗ります!